FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

映画 リバーランズスルーイット

2016年05月11日
ロバート・レッドフォードがつくった
ブラピの映画「リバー・ランズ・スルー・イット」を見ました。

前にも観てるんですが、
もれなく、内容の詳細は忘れてまして、
何度見ても楽しい。

ボケてるって、お得なのかも。。。



いやね、
アメリカのあのへん、
モンタナ州とか、ワイオミング州とかも、

ドライブで旅したなあ、
懐かしいなあ、と

涙ぐみそうになってしまいました。



私は、
子供のころから、
汽車(!)の中から外の景色を見て、

ああ、あの家に生まれていたら、
どんな生活をしていたことだろうと想像するのが
とても好きというか、
想像せずにはいられないというか、
そんな子供だったんです。


ワイオミングやモンタナの田舎を車でどこまでも走っていると、
空の色を、雲の色をそのまま映した川がゆっくりと流れていて、

そのむこうには、
牛たちが、幸せそうに尾をふりながらたたずさんでいて、

遠くに、ぽつんと一軒家が見える。



どんな生活なんだろうか。。。



そんな、風景を思い出させてくれた
映画「リバーランズスルーイット」でした。



いつか、
大切な私の両親たちも旅立ち、

私たち夫婦も旅立つ。

そして、愛する子供たちも
同じように旅立つ日はくる。



時間はながれ、
命は次世代へとバトンタッチされていくけれど、


記憶も
はかなく消えていくけれど、


自然は、
悠然と、時とともにこの地上にありつづけるのでしょうね。



宇宙や、地球の歴史からしたら、
みじかくて、ちっぽけな、わたしたちの人生だけれど、


それでも、
一瞬一瞬に輝きがある。


じいちゃん、ばあちゃん、ばあちゃん、
こどもたち、
パパ、
ありがとう。
スポンサーサイト



アメリカ

予定メモ

2016年05月06日
書くことが大好きなので、
書くときには、これでもかと書きたい。

しかし、
飽きっぽい性格でもあるので、
ほかに夢中になっていることがあるときには、
書くことをストーンと忘れてしまう。

そんな繰り返しですが、

もともとのブログの目的である「健忘録」。
これいじょう、ブログを放置しておくと、
本気で、なにも思い出せなくなります。。。

予定メモをいれて、
書き続けたいと思います。

1 アメリカ サンフランシスコ ミュアウッド国定公園 サウサリート
2 アメリカ ハワイ
3 マレーシア クアラルンプール
4 ドイツ フランクフルト
5 ニュージーランド 南島
6 アメリカ サンフランシスコ バークレー
7 アメリカ ハワイ
8 インドネシア バリ島
9 シンガポール
10 ニュージーランド 北島 バスの旅
11 マレーシア マカオ ペナン島 クアラルンプール
12 インド ニューデリー
13 マレーシア クアラルンプール
14 ニュージーランド 北島
15 オーストラリア トランジット苦労話
16 台湾
17 香港
18 韓国

ちまちまと、書き急ぎたいと思います。
「思い出」が、頭のなかのどこにもなくなったとき、
「ブログ」を読むことが、思い出すキッカケにはならなくとも、
「娯楽」になれば、いいなあと思いつつ。

2656
その他

東福寺の塔頭 光明院

2015年05月15日
紅葉のころの京都の旅の思い出話です。



大混雑の東福寺を、

ほんの少し抜けただけで、

こんな空間があるのですね。



光明院さんです。



建物がちょっと入り組んでいて面白いです。

自由に見せていただけるのがありがたかった。



ぜひ、

東福寺の帰り道は、

三門方向に向かい、

昔のお坊さんたちのトイレの遺構(!)なども見せて頂いて、

門を出て、



しずかな光明院さんに寄ってから帰りたいと思いました。



ランチやお茶は、

駅の商店街角の和風カフェで決まりです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
思い出の京都

祇王子と滝口寺

2015年05月14日
京都の旅の思い出話です。



嵯峨野を歩くのは楽しいですね。

ましてや、

紅葉時の嵯峨野は美しかったです。




祇王子も、

素晴らしかった。

時間ギリギリでしたが、

思い切ってダメもとで行って、本当に良かった。



こういうランキングには顔を出さないけれど、

素晴らしいお寺さんが、

京都にはたくさんあるのでしょうね。




さて、

お隣の滝口寺さん。



祇王子さんが、混んでいたのに比べて、

滝口寺さんは、とてもすいていました。



お手入れが大変なのでしょう。

少々、荒れた感じなのですが、

人の好みは、色々です。




我が家の父ちゃんは、

人がいなくて、

ゆっくりできる、こちら滝口寺さんの大ファンになりそうです。



畳に上がらせていただけて、

くつろげて、

ホットカーペットまでありました!



いや、

この風情も捨てがたいものがあります。


また行かせていただきます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
思い出の京都

厭離庵

2015年05月13日
以前の思いで話です。



京都の紅葉で、

「小さな宝石」だったのが、厭離庵さんでした。



ほおおおお。



思わずため息のもれる美しさです。

小さな箱庭のどこもかしこも絵になるなあ。



縁側に座らせていただいて、

とても、ゆっくりと過ごさせてもらえる。



着物をきたお嬢さんたちも、

とっても、お似合いです。



ここは、穴場だと思います。



紅葉の嵯峨野めぐり、

いいですね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
思い出の京都
 | HOME | Next »